京つう

  キレイ/健康  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2018年06月24日

歩く?走る?

歩く走る、自転車とか、普段何も考えなくても行うことがで
きる動作もあれば、始めたばかりのスポーツで色々考えないとできな
い動作もあります。

 「自転車に乗る」動作は、身に付けるのが5〜6歳頃ですから、練習したこと
を覚えている方もいるかもしれませんね。補助輪をつけた自転車から、片方だ
け補助輪を外したり、親に後ろから押してもらってこいだり、そして知らぬう
ちに手を離されていたりして…。何度も練習して、最初はよろよろでも一人で
漕げるようになって、まっすぐ走れるようになって、いつの間にかスピードも
出せるようになましたね。

 初めての動作や、まだうまくできない動作の場合、段階を追っ
て練習しながら動作を身につけていきます。

、獲得したい動作に近い動作での練習、さらに本物に近い動作習得をします。

 
 また、何度も何度も同じ動作を繰り返していくと、その動作に関する神経回
路には何度も信号が流れることになり、伝達の効率が良くなります。

 走るという動作も、もうこの域まできているはずですが、その中で、動きの
どこかを改善しようとする場合、「初めての動きを獲得」するときと同じよう
に、一から段階を追っていくことになります

 ランニングのドリルなども、そのような一面があります腿をあげる、
その場で、脚の付け根を使うことを意識しての腿
上げ、それを早い動作でやったり、少しずつ前進しながらやったり、その動き
を意識した流し、です。

 動きを改善していくということは、「動きを獲得しなおす」ということでも
あると考えると、走行中にその動きを意識することも大事ですが、それだけで
なく、「動きを獲得しなおす」ことを目指してのドリルはやはり必要になります。

ミニハードルを使ったスプリントドリルはうちのチームのメイン練習です。




あなたはもっと速く走れます。
~健康とスポーツを科学する~http://fit-tec.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【フィットネス テクノロジー】

取締役 ストレングス&コンディショニングコーチ
ランニング学会認定ランニングコーチ         澁谷 和久
大原スポーツメディカル専門学校講師
東洋医療専門学校講師
日本体育協会公認パワーリフティング指導員
日本陸上競技連盟公認ジュニアコーチ
NISAQ認定SAQインストラクター

京都市南区吉祥院石原西町12-3   日産工業2F
電話 075-662-2010
FAX  075-681-4717
Eメール https://ssl.hp4u.jp/contact/site:fit-tec
滋賀支社  滋賀県彦根市竹ヶ鼻町631
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




あなたはもっと速く走れます。
http://fit-tec.com/



Posted by 澁谷 和久 at 13:48│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。