京つう

  キレイ/健康  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2017年06月23日

ダイエット

体重は測りますか?
 運動をイッパイしたからと期待して体重計に乗ったものの、減っていなくてがっかり、
むしろ増えている!(泣)という経験をされた方もいるかもしれません。
通常のトレーニングの時でもあるかもしれませんが。

 もちろん、走ればたくさんのエネルギーを使います。
体重が60kgの人が10キロ走れば、だいたい600kcal程度(すごく大まかですが)は使
います。

 エネルギー源の重量にすると、結構「わずか」な量でもあります。

 600kcalのうち、仮に7割が糖質、3割が脂肪が使われたとすると、
  
   600kcal×7割=420kcal
   糖質は1g=4kcalですので、420kcal÷4=105

 同じく脂肪も、

   600kcal×3割=180kcal
   脂肪は1g=7kcalですので、180kcal÷7=25.7


 ということは、合わせても130g前後…。
 知りたくなかった数字かもしれませんが、10キロ走1回で減る体重(水分以
外)は1kgにも満たない、という計算になります。

 それでも、レース後やトレーニング後に2〜3kgもグッと体重が減ることはあ
ります。それは水分の減少分が大きいと考えられます。逆にレース中やレース
後に水分をしっかり補給できていれば、体重の変動は小さくなります。

 むしろ増えている…という場合、レース後に食事をされていれば、それによ
って一時の増加もあるでしょう。あるいは、レース後数日経っても増え気味の
場合、体がむくんでいていつも以上に水分を溜め込んでいる(この場合、イン
ピーダンスで測定する場合の体脂肪率は低くなる傾向)こともあります。

 ですので、

・マラソンレース後に、体重はそれほど減っていなくてもがっかりしない

・大幅に減っている場合は、水分の補充が不十分であると考えて、水分補給を
 しっかりと

・レース後、たくさん食べて一時的に増える分は気にしない

・ むくみとともに増えているような場合は、体のダメージも大きかったと考え、
 回復を重視する(軽いwalkingやjog、しっかりストレッチ、セルフマッサー
 ジなど)

 レース後といえども、一時の体重増減は気にしない(減った分は水分不足と
考えて、気にかけてください)

 そして、ダイエットは1日にしてならず、ですね。



あなたはもっと速く走れます。
~健康とスポーツを科学する~http://fit-tec.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【フィットネス テクノロジー】

取締役 ストレングス&コンディショニングコーチ
ランニング学会認定ランニングコーチ         澁谷 和久
大原スポーツメディカル専門学校講師
東洋医療専門学校講師
日本体育協会公認パワーリフティング指導員
日本陸上競技連盟公認ジュニアコーチ
NISAQ認定SAQインストラクター

京都市南区吉祥院石原西町12-3   日産工業2F
電話 075-662-2010
FAX  075-681-4717
Eメール https://ssl.hp4u.jp/contact/site:fit-tec
滋賀支社  滋賀県彦根市竹ヶ鼻町631
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



Posted by 澁谷 和久 at 16:04│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。