京つう

  キレイ/健康  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2013年05月08日

野球をするためには・・

野球選手の体には、やはり筋肉が求められます。
というのも、筋肉とスピードが必要だからです。

投球に対して力負けすることなく、遠くに飛ばしたり、速い打球を繰り出すためには、
やはり筋量があると良いでしょう。

投球では、腕が長い方が遠心力がつきますから、長い手足は有利です。
筋肉をつけて、身体を大きくすることが大切です。

野球は、他の競技に比べてプレー時間が短く、比較的脂肪が多い体型になりやすい競技といえます。
以前はプロ野球選手でも、オフはあまり身体を動かさず、お腹に脂肪が乗った体型が多く見られました。
しかし、最近は若手を中心に、オフでも身体を動かし、積極的に筋力トレーニングに励む選手が増えており、
シャープな体型の選手が増えています。
その流れは、高校や大学でも取り入れられ、筋力トレーニングを積極的に行うチームが増えています。

ウエイトトレーニングを取り入れたチームでは、次のシーズンに、打球スピードが上がる選手が多いです。

野球はパワーのスポーツなので、そのためには力とスピードが必要です。
力とスピードを支えるのは筋力ですから、そのための筋力トレーニングが効果的なのです。
重いものを持ち上げることに意識が向きがちですが、最初の数ヶ月は筋肥大を目指し、次の数ヶ月で野球の動作に近いトレーニングを行うなど、ピリオダイゼーションを考えます。
まずはお尻、太腿、胸、背中、肩といった、身体の幹といえる部分の筋肉を大きくし、
そこから枝葉のような細かい筋肉を鍛えるようにします。

身体は、なかなか筋肥大しにくいもの。
基礎をつくるようにすると、徐々に筋肥大し、筋肉量が充実してきます。
焦らずに、着実にトレーニングを重ねて身体をつくっていきましょう。
トレーニング器具があれば、Big3といわれるベンチプレス・スクワット・デッドリフトを行うのが理想ですが、
器具がなくてもトレーニングはできます。



〜健康とスポーツを科学する〜http://fit-tec.com/
  


Posted by 澁谷 和久 at 12:37Comments(0)

2013年05月02日

ソフトボール選手 速く走る

いつもありがとうございます。

標記タイトルの質問がHPのお問い合わせからありました。


「ソフトボール選手が速く走るためにはどうすれば良いのか?」


という質問だと思いますが、弊社のスピードシードシステムで

トレーニングを進めていくことになります。

スポーツの競技にはその競技の特性があります。

特性に合わせた速さが競技力の向上に役立ちます。


陸上の100mの選手の速さをソフトボール選手には必要ありません。

しかし、状況に応じた速さ(スピードではなくクイックネス)が必要になります。

下記にお電話くださるかメールで具体的なことをお知らせいただければ、

ソフトボール選手またはチームの競技力向上にお役立ちできることを約束します。






あなたはもっと速く走れます。
〜健康とスポーツを科学する〜http://fit-tec.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【フィットネス テクノロジー】

取締役 ストレングス&コンディショニングコーチ
ランニング学会認定ランニングコーチ         澁谷 和久
大原スポーツメディカル専門学校講師
日本体育協会公認パワーリフティング指導員
NISAQ認定SAQインストラクター

京都市南区吉祥院石原西町12−3   日産工業2F
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=34.57.41.124&lon=135.43.48.788&sc=5&layer=4
電話 075-662-2010
FAX  075-681-4717
Eメール kazshibu1130@mail.goo.ne.jp
滋賀支社  滋賀県彦根市竹ヶ鼻町631
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

  


Posted by 澁谷 和久 at 14:00Comments(0)

2013年05月01日

寒い

今日って寒いよね。

今年は桜が咲いてから寒くなるって変な気候ですね。


健康とスポーツを科学するhttp://fit-tec.com
  


Posted by 澁谷 和久 at 17:57Comments(0)